×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ダイエット クッキー

ダイエット クッキーが人気です。

ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。 
「ダイエット失敗組」に共通しているのは、「ため込みやすい」体質になってしまっていることです。
ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。ダイエットの基本は、摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーを増やすことです。
ただ食事を制限するだけだと、その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。しかも、食べ物を制限すると栄養素が偏ることが多く、体の調整能力も落ちてしまいます。摂取したエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の不要なものを排出できない、「ため込みやすい」体質なのです。
「ため込みやすい」体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。
まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、コレステロールなどをくるんで体外に排出するのに役立ちます。
クッキーは、こうした毒素排出にぴったりの食品です。作り方・素材の選び方しだいでカロリーを抑えることができ、不足がちなミネラルや食物繊維などを補給することができます。また、いろいろな種類があり、必要なミネラルやその他の成分、そして好みに応じて食べることができます。
特にに夜仕事等をしていて、どうしても夜に食事をしてしまう方はクッキー3枚程度をおやつに食べるようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

豆乳 クッキー ダイエット

豆乳 クッキーを食べるだけの 豆乳 クッキー ダイエットは、食事の代替食品として、簡単で、決定打となり得ます。
忠実に実行すれば、お肌も体調もトラブルことなく、健康的に、体重にして4キロダウンします。
豆乳 クッキー 一食あたりのカロリーは低いです。
たとえば、コンビニ弁当800kcal程度を、 豆乳 クッキー ダイエット 146kcalに替えるだけで、500kcalほどOFFになります。
それでいて、満腹感満たされ、ダイエット特有のストレスは溜まりません。その満腹感のヒミツは、おからです。水を含むとカサが2倍、重さ3倍にまで増えてくれて、少量でも満腹感が得られるんです。
その上、豆乳 クッキーは、食物繊維そのものなので、ダイエットに重要な、お通じが気持ちいいです。
ダイエットのお肌のトラブル、体調不良の悩みも、イソフラボンやレシチンが解消してくれます。
しかも、わずか146kcalなのに、通常の一食分に必要な栄養が、バランス良く含まれています。
なおレシチンには、脂肪ダウン効果もあります。
味は、ホテルのシェフが、チェックしました。
かつてあった、ブランのクッキーはカスカスで食べれたものではありませんでした。
豆乳 クッキー ダイエットなら、ダイエットを続けることができるんです。

玄米 ダイエット クッキー

ダイエット クッキーには、ポピュラーな豆乳以外に玄米クッキーもいいものです。
あるダイエット クッキー の主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素(1袋18本/208キロカロリー)です。
1食分208kcalは高いと思われがちです。
そもそもダイエット は、栄養を取らなければ良いということではなく、栄養のバランスが取れた食品である事が、ダイエットに重要なのです。
栄養不足は、急激なリバウンドの元です。
だから、逆に、白いごはんばっかり食べるのと比べれば、低カロリーなのです。
カロリーが低くて栄養がないものだけ食べていても、ダイエットは成功しても健康を害します。
玄米には、ビタミンE・ビタミンB群・パントテン酸・必須脂肪酸・食物繊維などの栄養成分とカルシウム・リン・鉄・ナトリウム・カリウムなどのミネラル成分が総合的に含まれていて、全能食とも言われています。
玄米は、炊きにくく、うまく炊けない事も多いですが、その玄米を玄米ごはんよりも、消化がよく、どこでも食べられるよう、おいしいクッキーにしたのが、ダイエット用の玄米クッキーです。
玄米 ダイエット クッキーをダイエットのひとつの方法と検討されてはいかかでしょうか!?

Copyright © 2007 ダイエット クッキーって、実際どうなの?